前へ
次へ

歯医者で受けるインプラントの内容

動物によっては歯が何度も生え変わることがあるようです。一方人間の歯は1度だけ生え変わるもののそれ以上生え変わりません。生え変わる理由としては顎の大きさが変わるからのようで、子供のころは乳歯が生えていて中学生ぐらいまでには永久歯に生え変わります。永久歯が抜けてしまうと残念ながら歯は生えてこないので義歯を入れて生活をしなければいけません。歯医者の中には義歯としてインプラントを勧めてくれるところがあり、どんな義歯なのか気になる人もいるでしょう。義歯の種類にはいくつかあり、一般的なのは抜けた歯の両側の歯で支えるブリッジと呼ばれるタイプです。総入れ歯となると支える歯もないので粘着させるときもあります。インプラントはどの歯医者でもできるわけではなく、診療内容に明示しているところに行く必要があります。歯のあったところに金属のねじを埋め込みそちらに義歯をはめ込むタイプの治療になります。ブリッジに比べると歯のぐらつきがないなどメリットが多い治療と言えるでしょう。

Page Top